何が必要?京都で着物レンタルをする時に必要な持ち物を調べてみた

何が必要?京都で着物レンタルをする時に必要な持ち物を調べてみた

京都といえば着物レンタルというイメージが定着しつつあります。

実際に「着物レンタルして京都観光したい!」という声はよく聞きます。

しかし、「着物レンタルってどこまでレンタルできるの?」といったように、よくわからない人も多いと思います。

そこで今回は、京都で着物レンタルをする際に必要な持ち物をご紹介します!

京都で着物レンタルをする時に必要な持ち物

着物レンタルは、着物・帯・長じゅばん・肌着・足袋・草履・バッグ+着付けまでがセットなので個人で準備する必要な持ち物はあまりありません!

なので京都に旅行に訪れた際に、少し立ち寄るくらいの感覚で着物レンタルができます。

旅行でキャリーバッグがあって邪魔になるかもと心配されるかもしれませんが、着物レンタルしている間はキャリーバッグなどの荷物はお預かりしているので、気にすることなく思う存分楽しく遊べます!

着物に合うバッグもレンタルできるので、そこに財布など必要なものを入れておけば問題ありません。

もし寒いかもと不安がある場合も、羽織などもあるので安心して下さい。

また、オプションとして髪飾りや帯締め、柄草履があります。

しかし、こちらをご利用の場合レンタル料金と別途で料金をお支払いいただくことになります。

もしご自分の物があってそれを付けることを希望される場合は、ご自分で準備が必要となります。

また、その際には予めお店にご連絡いただきますようお願い致します。

着物を持ち込みを希望される方も、お電話でご相談をお願い致します。

女性だけでなく男性も

着物レンタルは、女性だけでなく男性もご利用いただけます。

もちろん男性も、着物・帯・じゅばん・足袋・雪駄・信玄袋+着付けがレンタルプランのセットになっています。

男性も着付けに必要なものは一式揃っているので、男性にも準備していただくものは特にありません。

京都デートにカップルで着物レンタルして遊ぶのもおすすめです!

二人で着物を着て京都デートなんて、最高の思い出になること間違いありません!

京都で手軽に着物レンタル

準備をする必要がほぼないので、京都に来た際には着物レンタルをおすすめします。

京都で着物を着て撮る写真は、インスタ映えする写真は多く撮れますし、特別な一枚にもなります!

なかなか着物を着る機会なんてありませんが、京都では簡単に着物レンタルができます。

また、着物レンタルは京都旅行をより楽しむ要素の1つでもあります!

京都に訪れた際には、ぜひ着物レンタルで最高の思い出を作ってください!

着物レンタルの予約こちら